学生向けマンションの種類

学生向けマンションの種類

学生向けマンションの種類には学生向けの一般マンションと学生専用のマンションがあります。マンションというといかにも高級で家賃も相当に高いというイメージを抱きがちですが、アパートに比較して5,000〜10,000円ほど家賃が上昇する程度の物件が多いようです。

 

しかし学生専用マンションは、学校が集中する東京首都圏を中心に最近人気が急上昇してきた物件で、家賃が学生向け一般マンションよりも高くなる傾向にあります。そもそもアパートとマンションの違いに明確な定義がないようですが、一般的には木造や軽量鉄骨でできた建物をアパートと呼んでいるようです。

 

学生向けマンションで一般マンションといわれているものは物件が一番豊富にあり、選べる自由度が大きくなっています。一般的にワンルームタイプが多く、学生向けですので家賃も比較的リーズナブルな上、学生を考慮した設備などが設置されている種類のものが多いです。

 

学生専用マンションは学生のみが入居できるマンションですので、設備や防犯などセキュリティの面でも万全なものが多く、しかも最近できてきた物件が多いので最近のニーズにあった物件が多くあります。入居している人たちがすべて学生のみですので、ライフサイクルの面で気を使うことが大幅に少ないことや学生を考慮した最新設備が揃っている物件が多く、安心して学生生活を送ることができます。

 

学生向けマンションの種類は大別すると学生向けと学生専用になりますが、更に居室の構造や給湯の有無、お風呂や収納の状態によってもいろいろあります。居室の構造は洋室と和室があり、洋室はフローリングとクッションフロアーや絨毯から選べるようになっているのがほとんどで、和室は畳です。

 

給湯は最近の物件はほとんどが給湯器完備でお風呂もユニットバスになっているようです。収納についてはあまり広くとられていないようですが、中にはまったく収納スペースがなかったり、収納スペースの変わりにロフトが付いている物件も多くなってきているようです。


学校情報から物件を探せて超便利なホームアドパーク

[ホームアドパーク]一人暮らし学生向け物件問合せ

広告

キャッシュバック賃貸