鉄筋コンクリート造の特徴

鉄筋コンクリート造の特徴

学生向けマンションのほとんどで見られる鉄筋コンクリート造の特徴で知られるものに耐久性があり、地震や台風、火災などと言った災害に対する強さが備わっているのです。鉄筋コンクリート造はコンクリートが鉄筋によって補強されたもので、ラーメン構造と壁式構造の2つが鉄筋コンクリート造の構造のほとんどを占めています。

 

ラーメン構造とは柱と梁、梁と桁などと言った水平及び垂直の軸組材の接合状態が剛接合として造られる構造を指し、曲げ応力に対してそれを正しく伝達する機能を有します。それに対して壁式構造とは、壁や床板などの平面的な構造体によって建物自体を支える構造を指し、柱や梁による制約がない分、すっきりとした室内空間が得られるのです。

 

また、学生向けマンションにおける鉄筋コンクリート造の特徴として忘れてはならないものに遮音性があり、その優れた機能は鉄筋コンクリート造の利点とも言えます。遮音性は隣の部屋から聞こえる話し声や上階からの振動などを遮る目的で施されていますが、建物の構造上の問題によるものも多く、プライベートに影響する場合もあります。

 

そのため、学生向けマンションにおいても騒音解消やプライベートの確保ができる点にコンクリート造の特徴が生かされており、その物件を探す学生が増えています。

 

学生向けマンションの多くは他の構造による建物に比べて振動に強く、壁がコンクリートとなることから、防音効果が高い鉄筋コンクリートの特徴は肝要となります。

 

しかしながら、学生向けマンションの中には鉄筋コンクリート造の特徴がほとんど生かされていない物件も存在するため、部屋探しの際に状況確認を怠らないことも大切です。それらの物件の存在は、建築業者の手抜きによるものがほとんどと言っても過言ではないことから、自身の目や耳で確かめることが要求されます。

 

これらを細かく確かめることは非常に難しいですが、壁をたたき、音による違いによって防音効果に対応した壁の密度を把握するのも一策となります。


学校情報から物件を探せて超便利なホームアドパーク

[ホームアドパーク]一人暮らし学生向け物件問合せ

広告

キャッシュバック賃貸