軽量鉄骨造の特徴

軽量鉄骨造の特徴

学生向けマンションの軽量鉄骨造の特徴にはさまざまなものがあり、正式名称を軽量鉄骨系プレハブ構造とするこの構造は、鉄骨造の構造システムのひとつとなっています。学生向けマンションでとり入れている軽量鉄骨造の特徴としてまず挙げられるのが筋交いとしての機能で、筋交いは木造建築などで不可欠な建材となっています。

 

軽量鉄骨造は木造住宅の柱や梁などと言った骨組みの間で使用されており、それを斜めに入れることで地震や台風などの自然災害から建物を守る機能を果たしているのです。

 

学生向けマンションにおける軽量鉄骨造の特徴の次に挙げられるものが使用方法で、軽量鉄骨造は他の建材と組み合わせて使用する厚さ6mm以下の鉄骨を言います。この厚みをもつ軽量鉄骨造は、建物の主要な構造体や骨組みに木材や木材系のパネルなどと一緒に使用するのが一般で、柱や梁以外に剛床や耐力壁などで使用されています。

 

そのため、学生向けマンションの主要な構造体や骨組みから得られる軽量鉄骨造の特徴として最も効果的なのが白蟻対策で、木造住宅で行なう白蟻駆除が不要となります。

 

また、軽量鉄骨造の特徴は工期短縮にも反映され、建物の主要な構造体や骨組みが仕上がれば、その後はパネルのはめ込み作業となるため、驚異的な短縮が可能となるのです。しかしながら、軽量鉄骨造は鉄骨部が薄く、梁が撓みやすくなることから上階からの振動が懸念されますが、最近ではそれに対応した建材が施されています。
軽量鉄骨造の普及による学生向けマンションは増加の一途をたどっており、オートロックなどの防犯対策が施された最新鋭の設備が、学生に安全性と贅沢さを与えています。

 

さらに、学生を対象にした専用マンションは、24時間体制で管理されているため、安心感と共にさまざまなニーズに適合した間取りや設備などが高い人気を博しています。

 

その人気を支える要因に、使い勝手の良さや収納スペースの充実などの内装も挙げられ、今やその機能性が格段に向上していると言っても過言ではないのです。


学校情報から物件を探せて超便利なホームアドパーク

[ホームアドパーク]一人暮らし学生向け物件問合せ

広告

キャッシュバック賃貸