木造の特徴

木造の特徴

学生向けマンションや一戸建て住宅などで今だ主流となる木造の特徴では、木造そのものが備える美点や欠点を理解することがまずは大切となります。木造とは木材を使用して造られたもので、木造住宅と称する木造の学生向けマンションは窓を閉め切っても、適度な通気性が保てるところに美点としての木造の特徴があります。

 

しかしながら、遮音性と言う観点から捉えた場合、木造は鉄筋構造の建物に比べて劣るところに欠点があり、その中でも重量衝撃音による騒音が問題として常に挙げられます。重量衝撃音の一例として挙げられるものに住宅の上階から発する下階への騒音があり、子どもが跳ねる音や移動時の人の足音などがその典型となっているのです。

 

そのため、最近の学生向けマンションでは、部屋の天井や床に高品質な吸音材を使用しているところが多く、木造の特徴に著しい進化を見せているのです。近年では、学生向けマンションにおける木造の特徴を木造アパートの特徴と混同する人が意外に多く、マンションとアパートの区別が難しいとする声も少なくありません。

 

マンションとアパートの区別は階層の違いによって区別をつけるのが一般的で、3階建て以上の集合住宅をマンション、2階建ての集合住宅をアパートと呼んでいます。建物の基本構造においては大きな相違は見られませんが、マンションでは遮音性、アパートでは通気性にそれぞれ重点を置いた物件が多い点に特徴があります。

 

また、最近のアパートでは、高級感あふれる外装や内装などを施した物件が増えていることから、マンションとアパートの区別が難しいとする声に納得することができます。

 

木造物件は、本来備える木造の特徴を有効に生かしていますが、築年数によってその特徴に変化が見られ、築後10年を境にその老朽化に拍車を掛けるケースが目立ちます。

 

築後5年以内やリフォーム直後の物件は家賃が割高となるため、学生向けマンションの入居を検討している学生は、築年数に見合った家賃の物件を探すことが肝要となります。


学校情報から物件を探せて超便利なホームアドパーク

[ホームアドパーク]一人暮らし学生向け物件問合せ

広告

キャッシュバック賃貸