アパートとマンションの違い

アパートとマンションの違い

学生向けマンションのアパートとマンションの違いには、それぞれの構造や特徴が関わってきます。まず「アパート」と呼ばれる学生向けマンションについては、基本的に木造や軽量鉄骨造の構造となっているというのが特徴となります。

 

防音性や設備面に関してはマンションよりも劣る場合が多いですが、家賃面でもマンションより低く設定されているという場合がほとんどとなっています。またアパートは1〜2階建てという建物が多く、全般的に世帯数が少ないというのも特徴となっています。

 

機密性が低いため、結露は発生しにくくなっています。アパートはおもに家賃を安く抑えたいという学生や、隣人を多く持ちたくないという学生などにとってはおすすめとなります。

 

そして「マンション」と呼ばれる学生向けマンションについては、重量鉄骨造や鉄骨ALC造といった構造となっているというのが特徴となります。具体的にはプレキャストコンクリート造(PC造)、鉄筋コンクリート造(RC造)、 鉄骨鉄筋コンクリート造(SRC造)といった構造の建物が、マンションと呼ばれています。

 

グレードに関してはSRC造が最高となりますが、学生向けマンションにおいては、PC造やRC造が採用されているというのがほとんどとなります。マンションは防音性や設備面などに関してはアパートよりも優れている場合が多いですが、機密性も高いため、結露は発生しやすくなっています。

 

家賃に関してもアパートより高く設定されている場合が多く、設備面が充実していればいるほど、共益費も高くなっています。またマンションは建物の階数も多く、アパートよりも世帯数が多いというのも特徴となります。

 

家賃よりも生活の快適性を重視するという学生にとっては、マンションが向いていると言えます。ただしアパートとマンションの違いにはいくつかの点がありますが、最近ではアパートでも、防音性や設備面に配慮をした物件が数多くあります。

 

物件選びは、アパートとマンションの違いを理解した上で行うということが大切となります。


学校情報から物件を探せて超便利なホームアドパーク

[ホームアドパーク]一人暮らし学生向け物件問合せ

広告

キャッシュバック賃貸