物件下見で建物まわりをチェック

物件下見で建物まわりをチェック

学生向けマンションの物件下見では、建物まわりを確認するということも大切となります。具体的には周囲の環境や道幅、通風、騒音などが、物件下見の際のチェックポイントとなります。

 

まず周囲の環境としては、戸建住宅やマンションなどが多く立ち並ぶエリアかどうかを、チェックするということがポイントとなります。周囲に戸建住宅が多い住宅地に学生向けマンションが立地している場合には、アルバイトなどで帰りが遅くなることなどを考慮して、夜間における建物まわりの外灯の数を確認しておくということが大切となります。

 

戸建住宅の多い住宅地では、夜間の外灯の数が不足しているエリアも多くあるため、とくに女子学生は注意が必要となります。そしてマンションが多く立ち並ぶエリアに立地している場合には、建物まわりの日当たりのよさや、風通しなどを確認するということがポイントとなります。

 

とくに高層マンションなどが付近に多く建っている場合には、日当たりが悪くなったり、強風が吹きやすかったりするという場合があります。また付近に高速道路が走っていたり、車通りの多い道路が走っていたりする場合には、騒音や排気ガスにも気を付けるということが大切となります。

 

物件下見の際には、窓を全開にした状態と締め切った状態の、両方の状態を確認するということが大事です。その他のチェックポイントとしては、建物まわりの防犯体制を確認するということも重要となります。

 

例えば強盗が侵入しやすい低めの塀などがないかや、樹木などが完全に覆いかぶさる危険の潜みやすい死角などがないかなどを、確認するということが大事です。とくに低い階にある部屋の場合では、侵入盗を意識することが必要となります。

 

学生向けマンションはおもに大学生や専門学生などが対象となっているため、一般の物件と比較をしても低めの家賃で安価なつくりとなっている場合が多いですが、物件下見では妥協をしないということが大切となります。


学校情報から物件を探せて超便利なホームアドパーク

[ホームアドパーク]一人暮らし学生向け物件問合せ

広告

キャッシュバック賃貸