物件下見の際の室内のチェックポイント

物件下見の際の室内のチェックポイント

学生向けマンションの物件下見には、いくつかの室内のチェックポイントがあります。具体的にはセキュリティや水回り、日当たりのよさ、収納、コンセントの数、エアコンの有無、洗濯機の置き場所、ベランダ・バルコニー、室内の汚れや破損、そして携帯電話の電波状況などとなります。

 

学生向けマンションでは、すべてが完璧である物件を見つけるというのは難しいため、物件下見の際の室内のチェックポイントには、事前に優先順位をつけておくということが大切となります。チェックの仕方としては、まずセキュリティの場合では、ドアや窓のロックがピッキングされやすいタイプのものではないかや、部屋が外から侵入されやすい場所に位置していないかなどがポイントとなります。

 

水回りの場合では、すべての水道に漏れがないかや、トイレやバスルームの水が問題なく流れるかという点などがポイントとなります。収納は、収納量や使い勝手のよさなどをチェックするということが大事です。

 

コンセントの数は、自分が使用する予定の家電製品を、すべてまかなえるだけの数があるかをチェックするということが大切となります。またコンセントの位置に関しても、家具などの配置に影響するため、確認しておくということが大事です。

 

エアコンはすでに設置されていれば正常に作動するかの確認を、設置されていなければ設置することが可能かどうかの確認をするということが必要となります。洗濯機の置き場所については、室内か室外かを確認し、またすでにマンションにコインランドリーなどが設置されている場合には、個人で設置することが可能かどうかを確認することが必要となります。

 

ベランダ・バルコニーを含む室内の汚れや破損などに関しては、入居の前に必ずチェックし、記録しておくということが重要となります。携帯電話の電波に関しては、とくに電話をひく予定がない場合には、圏内であるかどうかを確認しておくことが大切です。

 

学生向けマンションは物件下見の段階で、室内のチェックポイントを抑えるということが重要となります。


学校情報から物件を探せて超便利なホームアドパーク

[ホームアドパーク]一人暮らし学生向け物件問合せ

広告

キャッシュバック賃貸